過去の機関誌のインターネット上での公開にともなう著作権譲渡についてのお願い

唯物論研究協会会員および関係者 各位

 目下、過去の機関誌をインターネット上で公開することを検討して、実務的な作業をすすめております。創立40周年を迎えました本学会での過去の議論の積み重ねを保存すると同時に、その貴重な資料へのアクセスを容易にすることで将来、さらなる議論の発展がすすむことを期してのことです。この点については、ニューズレター130号で報告し、去る2017年11月11日の第40回大会総会にて方針としてご承認いただいたところです。
 対象とする過去の機関誌とは『唯物論』、『唯物論研究』、『唯物論研究年報』、『思想と現代』『唯物論研究年誌』の各号です。  インターネット上の公開については、著作権上の問題があります。『唯物論研究年誌』については、投稿論文の規定中の著作権が編集委員会に帰属する旨が明記されており、他の論文についてもそれを適用してきましたが、それ以前の機関誌については著作権の帰属は必ずしも明確でなく、また、それらはインターネット上の公開を想定したものではありませんでした。
 もっとも厳格な方法としては、過去の執筆者全員に文書で承諾いただくということが考えられますが、現状の委員会の体制では事実上不可能であり、また、執筆者の中にはすでに物故された方もおられます。
 そこで本告知により、過去の機関誌の記事の著作権のうち、複製権及び公衆送信権が唯物論研究協会に帰属すること、それによりインターネット上で公開する権利が唯物論研究協会に帰属することをお認めいただきたいと思います。この規定は著作者自身による利用を妨げるものではありません。
 過去の機関誌に寄稿された著作権者の方、または相続権を持つご遺族の方でこの告知について異議のある方は2018年9月30日までに事務局まで文書でご連絡ください。お申し出のあった論文については公開対象から外すよう対処いたします(公開除外の申し出については、どの号のどの論文と特定してご連絡いただけると幸いです)。
 それまでに異議の申し出がなかった論文については、インターネット上での公開の権利が唯物論研究協会に帰属することが許諾されたものとみなし、公開の手続きにはいらせていただきます。
 ただし本告知がすべての著作権者、または相続権を持つ遺族の方の目に触れるとは限りませんで、期限後についてもお申し出があれば柔軟に対応させていただきます。
 唯物論研究協会のさらなる発展のためによろしくご協力ください。

唯物論研究協会委員長 藤谷秀

事務局連絡先: 〒062-8605 札幌市豊平区旭町4-1-40 北海学園大学経済学部 大屋定晴研究室内 唯物論研究協会事務局
       E-mail: bureau【アット】zenkokuyuiken.sakura.ne.jp
       ※送信の際は【アット】を「@」にかえて送信先アドレスにご記入ください。



『唯物論研究年誌』若手投稿者アドバイザー制度の導入について

 『唯物論研究年誌』14号より、若手会員が論文を投稿する場合、査読を受ける前にほかの会員から原稿の内容についてアドバイスを受けられる制度を導入しました。

 近年、唯研では様々な分野から多くの方々が投稿論文に応募するようになりました。年誌編集委員会では、投稿論文の質をいっそう高めるべく、査読前に、若手会員の希望する一般会員が論文へのアドバイスを可能とする制度を設立しました。

 この制度の要領は、以下のとおりです。

1.投稿申込み締め切りにあたる12月20日までに、アドバイスを希望する若手会員は編集委員会にその旨連絡する。そのさい、会員のなかから希望するアドバイザーを3名まで挙げることができるが、編集委員会にアドバイザーの選定を一任することもできる。アドバイスを希望する会員にかぎり、12月20日までに完成原稿を提出しなければならない。

2.編集委員会はアドバイザーに依頼を行い、依頼を受けた会員は2月15日までにアドバイスを返送、編集委員会がこれを投稿者に送付する。アドバイスはこの一回かぎりとし、それ以降、編集委員会がアドバイザーへの質問等を仲介することはしない。

3.アドバイスを希望する若手会員は他の一般投稿希望者と同様、3月31日までに修正した完成原稿を提出し、審査を受ける。審査はアドバイザーとは別の会員が行う。

 投稿にあたって誰かのアドバイスを受けたいとお考えの若手会員は、この制度をご活用ください。また、それ以外の一般会員の皆様には、アドバイザーとしてご協力をお願いいたします。

 何歳までを「若手」と定義するかについては、制度を運用しながら判断させていただきます。ご不明の点は編集委員会までお問い合わせください。(担当:大河内泰樹 yuiken.editorial(アット)gmail.com)



「唯物論研究年誌」第23号(2018年10月発行予定)掲載研究論文募集について

研究論文募集要項(「研究年誌」第22号巻末より)

「唯物論研究年誌」編集委員会では、本誌研究論文欄に掲載する論文を、以下の要領で募集しています。ふるって力作をお寄せいただきますようお願いします。

◇投稿規定

1、論文は毎年募集し、締め切りは3月31日(必着)とする。提出先は編集委員会とする。なお毎年12月20日までに編集委員会に電子メールか郵便はがき(締切日必着)で必ず仮予定題目と連絡先を記して投稿申込を行なう。

2、投稿資格は唯物論研究協会会員に限られる。ただし、編集委員、及び前年度に応募研究論文が掲載された会員は除く。

3、投稿論文は未公刊のものとする。

4、論文はワープロ原稿とし、1ページをA4版 40 字×40 行に設定し 12 頁半(400 字詰原稿用紙 50 枚相当)以内とする(見出し・注・図表を含む)。提出物・提出方法は次のうちのいずれかとする。

@原稿の電子データ(ワープロソフト形式と PDF 形式の二種類)を電子メールで送付する。その際、原稿には氏名を載せないこと。
A原稿の電子データを保存したメディアとプリント原稿1部を郵送する。その際、原稿には氏名を載せないこと。

5、論文採用の可否は、7月上旬までに決定し通知する。論文は返却しない。

6、採用された論文の著作権は編集委員会に所属するものとし、原則として発行後1年以内の他所への転載は認めない。

◇投稿論文審査規定

1、編集委員会は論文一本ごとに3名のレフェリーを選び審査を依頼する。レフェリー名は公表しない。

2、編集委員会はレフェリーの審査報告書にもとづいて論文採用の可否を決定し、執筆者に通知する。

 

◇「唯物論研究年誌」第23号への投稿申込先

「唯物論研究年誌」編集委員会 大河内泰樹

連絡先電子メール: yuiken.editorial(アット)gmail.com
※(アット)の部分を@に変えて送信ください。

〒186-8601
東京都国立市中2-2一橋大学社会学研究科